VISION ビジョン

我々の獲るポジションについて

3年後の上場を目指して
 現在、私たちは7期目でのIPO(上場)を目標に動いています。なぜ、IPOを目指すのか。それはアドリムが社会に大きなインパクトを残すためには、IPOをする必要があると考えているからです。
 「起業」というものを非常に重く捉えている人が多いですが、実際は「起業」をするだけならばとても簡単です。法務局に行って、20万円程度を支払えば登記はできてしまいます。社長になること、起業をすること自体は大して難しいことではないのです。
 しかし、そこから大きなビジネスを展開していくことは簡単なことではありません。起業した人が不動産などの資産を持っていない場合、お金持ちでない場合、多額の資金調達は難しくなります。私たちはIPOをすることで、様々な投資家や株主から資金を集め、より大きなビジネスを展開し、会社をハイスピードで成長させていきたいと考えています。
 IPOをするためにはかなりのお金がかかりますし、その後上場を続けていくためのランニングコストも安くありません。起業した人間にとって、IPOは必ずしもメリットばかりではないのです。しかし、アドリムが大きく成長する起点となって、社会に価値あるものを提供できるようになり、ストックオプションでの収入などで社員のモチベーションが上がるのであれば、win-winの関係で最高だと社長は常々社員に語っています。

Webマーケティング以外の事業の創出・発展
 今後のアドリムの発展のため、第一に私たちは「アドソリューション事業」に力を入れていく予定です。社員の人間力や営業力に依存せず、アドリムの持つソリューションでクライアントに選んでいただける企業に転換していきたいと考えています。そのために、マンパワーで仕事を獲得するのではなく、システムの力及びアドテクノロジーの力で優位性を持つ必要があります。「アドテクノロジーがあるから、アドリムに任せたい!」「ほかの企業でも出来ない訳ではないけれど、アドリムなら網羅的に広告運用・分析ができるからアドリムにお願いしたい」と思っていただける企業になりたいと考えています。そのためにエンジニア採用を始めたり、ツールの開発や仕組み作りには惜しみなく投資し、アドリムのポジションの確立を目指します。
 更に、新規事業の創出に今まで以上に力を入れていきたいと思っています。現在アドリムではVR機器やバランススクーターのレンタルなどのサービスを行っていますが、更に様々な事業に参入していく予定です。世に存在するサービスで広告を使わないものはほとんどないでしょう。だからこそ、その知見を持った私たちだから起こせるソリューションがある業界であれば、全てに参入していくという気概で取り組んでいきます。アドリムには、「広告が好きな人」がたくさん集まっているというより、「仕事と一生懸命向き合える人」が集まっています。だからこそ、ビジネスモデルを限定せず、広告代理店という業種に固執せず、歩みを止めず進んでいきます。

アドリムへのご応募をお考えの方は
こちらから応募してください。

応募エントリーフォーム