VISION ビジョン

社員の育成について

仕組み

 基本的にOJTでの指導を行います。例えば営業担当者(アカウントプランナー)の場合は、マンツーマンで先輩社員とクライアントのもとへ同行し、お客様との話し方、申込書の書き方、広告運用のやり方を覚えていただき、約3カ月から半年で1人立ちをしていただきます。
 先輩社員との密接なコミュニケーションの中で、先輩社員の考え方に触れたり、自分の考えを言葉にする機会がたくさんあります。ただ、1から10まで全てを教えてもらえたり、完璧な業務マニュアルが存在するわけではないので、「教わっていないから分からない」ではなく、積極的に経営陣も含めた先輩に質問しに行くやる気が不可欠です。

気をつけている事

 仕事を早く覚える上で大切なのは、「やり方を覚える」ことではなく「考え方を身につける」ことにあると考えています。1から10まで教わらないと何も動けない人材ではなく、1を教われば自分で応用して考え、答えを見つけ出せる人材を育てています。
 その中で大切にしているのが、細やかなコミュニケーションです。先輩社員によるマンツーマンでのOJT教育もその一例ですが、基本は褒めることを大切にし、注意する際にもチームの輪が乱れない愛のある指導を心がけています。失敗をした時、クライアントにご迷惑をかけた時、厳しいことを言われることもあるでしょう。ただ、失敗したということを誰よりも分かっているのは当人です。だからこそ、しつこく何度も指摘するのではなく、自分の中で反省し、成長するのを見守ることを大切にしています。

スタンス

 大企業で見られるような3カ月間同期と一緒に座学の研修を受けて…というものは用意されていません。分からないことがあった時、教えてもらっていないからと諦めてしまう方、全てを教えてもらわないと業務を進めるのが難しい方は成長できる機会がかなり少ないでしょう。
 しかし、分からないことがあった時、自分がなぜ躓いたのかを考え、何を教えて欲しいのかを明確にできる方、自己成長のために積極的に行動できる方には社長以下アドリムが今まで培ってきた知識やスキルの全てを授けたいと考えています。もちろん業務に必要だから自主的に勉強したいと書籍を購入したり、外部研修に行く場合には、その費用は会社が負担しますし、月1回の社内勉強会では広告運用の成功事例を社内で共有したりと、学びたい人への支援は惜しみません。
 社員1人ひとりの社会的価値を最大限高め、「アドリムの中で優秀扱いをされている人」ではなく、「社会的に優秀だと認められる人」へ育成したいと考えています。

アドリムへのご応募をお考えの方は
こちらから応募してください。

応募エントリーフォーム