MERIT アドリムで働くメリット

ベンチャー企業で働くメリット

会社という組織の中で働く上で、私たちは1つの選択を迫られることになります。
大企業で働くのか、ベンチャー企業で働くのか。
これは今後のキャリアを大きく左右する問題です。

それでは、ベンチャー企業で働くメリットは何があるのでしょうか。

1人のビジネスマンとしての自分を創り上げることができる
 大企業に入社した場合、営業をするにしても、事務をする場合にも、常に社員はその企業名の看板を背負うことになります。大企業の看板を背負うことで、クライアントからの信頼は得やすくなることは間違いありません。もちろん、大企業に入社するためには、厳しい就活戦線を勝ち抜く必要があり、ある程度の学歴やスキルが求められますから、「地頭の良さ」や「人間力」は高い可能性は大いにあります。しかし、大企業の看板の力と自分の実力を勘違いしてしまう可能性も非常に高いのです。
 ベンチャー企業は大企業と異なり、企業名の看板はあまり大きな意味を持ちません。しかし、失敗しながらも真剣に仕事に取り組む中で身に付くスキルは、企業の力ではなく、自分の血肉となる「本当の実力」です。多くの仕事を任され、自分の力で仕事と向き合うことで、非常に速いスピードでの成長を遂げることができます。意識を高く持ち、1人のビジネスマンとしての成功を望むのであれば、ベンチャー企業に入社することでその確率を大きく上げることが可能です。

裁量権の大きい職場で圧倒的な成長を遂げることができる
 大企業は多くの社員が1つひとつの仕事を分担しています。新入社員は雑務のようなことから始め、年次が上がれば少しずつ業務の幅が広がっていくスタイルです。指示された仕事をマニュアル通りに行えばよく、責任も指示を出した上司が取ってくれる環境は非常に安定的です。しかし、毎日が同じことの繰り返しでつまらないと思う人もいるかもしれません。
 対してベンチャー企業は、少人数であることが多く、自然と「1人に対しての裁量権」が大きくなっています。自分の仕事は自分で創り出していく、必要だと思えばマニュアルを作り、やってみたいと思ったことは提案する、自分の仕事の範囲を決めない縦横無尽な働き方を求められます。
 働き方改革が叫ばれる中、ベンチャー企業ももちろん制度を守り、真剣に取り組んでいく必要があります。ただ、大企業はこれからの働き方改革で1人ひとりの担う仕事の幅は今まで以上に狭くなっていくことでしょう。ベンチャー企業を選ぶことで、制度に守られながらも、裁量権を持って密度の濃い日々を送ることが可能です。

新卒採用でアドリムに入社するメリット

 アドリムは創立以来成長し続けている企業です。売上高は1期目6000万、2期目2億5000万、昨年度が6億、そして今期は10億を達成する見込みで、非常に高い成長率を叩き出しています。伸びている企業に就職することで、たくさんの仕事を任せてもらうことができるだけでなく、成長していく組織の運営を間近で見ることができます。
 また社長の年齢が31歳ということも特徴です。4年制大学卒業後22歳で入社したとして、社長と9歳しか年齢が変わりません。社員の年齢も同世代の人が多いので、本当の意味での「風通しの良さ」を実感できるでしょう。そして、26歳の時に起業し成功している社長と共に働くことで、自分の人生のロードマップを描きやすくなります。どのくらい頑張れば起業できるのか、どのくらい売上を上げれば会社を運営していくことができるのか、そういった会社経営の視点を学ぶことができるのもアドリムならではの魅力と言えます。

中途採用でアドリムに入社するメリット

 アドリムは現在4期目を迎えた、新しい会社です。そのため、良い意味でも悪い意味でも未完成だと言えるでしょう。だからこそ、「色んなことをやってみたい」「前の会社では任せてもらえなかったようなことに挑戦したい」というチャレンジ精神のある方は最高の環境が用意されています。実際に現在働いている社員は全員が、入社前に想像していたワクワク感を超える様々な挑戦ができていると話しています。例えば経理の担当として入社した社員が今では、Eコマース事業に携わったり、人事に関わったりしているのです。なので、新しい環境や新しいタスクを全部自分の成長だと置き換えられる方は、手を挙げればその仕事を任せてもらうことができ、手を挙げなくても様々な事業にある程度の裁量権を持って携わることができます。
 また転職活動の成否に大きくかかわる要因の1つとして、「企業の風土と合わない」「今までのやり方と違い過ぎる」というものがあります。アドリムの場合はまだ産声を上げて間もないこともあり、社員1人ひとりの今までのやり方を取り入れつつ、「ADrim色」を作っている最中です。なので、新しく仲間になる方には、自分の仕事の仕方や、前の企業であって良かった制度をどんどん教えてもらい、アドリムの企業文化として取り込んでいきたいと考えています。自分の今までの経験、やり方をダイレクトに会社に還元できるという大きなメリットがあります。

アドリムへのご応募をお考えの方は
こちらから応募してください。

応募エントリーフォーム