INTERVIEW インタビュー

Webマーケター  森谷 智貴 インタビュー

略歴

・1992年生
・青山学院大学卒

ご略歴ついて、お教えください。

青山学院大学を卒業した後、携帯販売店に掲示するポスターなどの販売促進ツール制作の会社で制作ディレクションをしていました。当時はグラフィックだけの仕事でしたね。
Webマーケティングが伸びている中で、自分も仕事の幅を広げていきたいなと考えていたんです。
仕事の幅を広げて、自分で考えて動いて働くというスタイルを実現するにはベンチャーがいいのかなと考えていた時に、知人の紹介で役員の野口と会いました。
出会った瞬間から、すごい前向きなオーラが溢れていて、なんて魅力的な人だろうと…「この人の下で働きたい!」と強く思いましたね。
自分の人生が動き出していくのを感じて、とてもワクワクしたのを覚えています。

現在の業務内容と、どういったところにやりがいを感じているかお教えください。

現在はリスティング広告の運用やプランニング、バナーのデザイン構成やLPの作成など幅広い仕事を任せてもらっています。また、自社のVRレンタルサイトやマザーバッグECの販促にも関わっています。
外部のクリエイターに依頼するだけでなく、自らも制作を手がけることもあります。もっと仕事の幅を広げたいなと思って転職して、こうして幅広い業務に携われているので本当に幸せなことだと思います。

やりがいを感じるのは、やはりコンバージョンが上がった時でしょうか。
クライアントはユーザーに伝えたいことがあるから広告をする訳で、そのサービスや商品の魅力、クライアントが伝えたいことをカタチにしていくのが僕らの仕事です。だからこそ、制作の時も運用の時も、クライアントに利益が最大限になるために、自分に何ができるのかということを常に念頭に置いてやっています。自分の仕事がクライアントのためになっていると実感できるのは本当に嬉しいです。

ADrimにはどんな人が向いていると思いますか。

視点を高くもって、関わっているプロジェクト、そして会社の成長を考えながら行動できる人が向いているというか、ADrimには多いですね。
幅広い仕事を任せてもらえる環境なので、やることはたくさんありますが、目の前のやるべきことに縛られすぎてしまうのではなく、幅広い仕事に取り組める環境だからこそ、少し高いところから全体を見渡してみることを忘れないことが大事だと思います。

あとは個人的に笑顔を絶やさない人と働きたいなと思います。
仕事をしていれば辛いこともあるので、その時に笑顔で職場の雰囲気を前向きに持っていける人。
自分自身もそうなっていかなければと思っているところです。

自分自身のこれから

アドリムはとにかくオープンで風通しがいい会社です。
やりたいことがあった時に、「そんなことうまくいくわけない」と頭ごなしに否定されたりすることはなく、やってみようと応援してくれます。
何事も自分で考え行動することと、やりたいことの事業化を求められている環境です。
今はまだ目の前の業務をマスターすることに精一杯ですが、いずれ自分なりの新しいビジネスを立ち上げるのが目標です。

アドリムへのご応募をお考えの方は
こちらから応募してください。

応募エントリーフォーム