INTERVIEW インタビュー

人事責任者 荒裕太 インタビュー

ご略歴ついて、教えてください。

複数の大手外資系の企業で人事を経験し、直近は上場している国内のIT企業で人事と総務の責任者をしてました。人事の中でも基本は労務と人事制度周りですが、採用、教育にも携わってきたのが私のキャリアになります。

なぜそのようなご経験をされた中でADrimへ?

IPOのタイミングで関わりたかったからです。前職を退職するときに某大手IT企業に内定が決まっていたのですが、直前に辞退をしました。大手に行った場合のその後のキャリアパスが想像できたからです。一度しかない人生、どこかで一回くらい何かに挑戦してみたいと思ったためです。実際、面接をする中で代表の石上と話をしてみると、ADrimには人事すらないことを知りました。そんな会社だからこそ、0から人事を作っていけるとむしろ期待が膨らみました。入社してから、まず、制度周りを整えることに着手しました。フレックス制度を入れたり、人事制度や評価制度も作りました。
同時に、総務と広報も見ているため、本社移転のディレクションや採用戦略を構築したりと会社の土台を作っている感じです。
今は、採用に最も力を入れているので、どうしたらたくさんの方に興味を持ってもらえるかにフォーカスしています。もちろん会社として売り上げや、社風なども大事ですが、採用のスピードや候補者へのアプローチの仕方など、試行錯誤の毎日です。

 

採用したい人物の特徴について教えてください。

オーナーズマインドと熱意のある人が理想です。実際に社内で活躍している社員の共通点でもあります。

オーナーズマインドとは、誰かに指示をされて動くのではなく、何事も自分事として自分発信で行動できる人のことです。周囲の環境のせいにするのではなく、自分の役割をしっかりと認識し、いわゆる自責の念で物事を進めてほしいと思います。

熱意に関して言うと、当社はかなり熱い体育会系の社風です。自分はなぜこの会社で働くのか?というビジョンやミッションを持って、目的意識を強く持って日々の業務に励んでほしいですね。成長意欲がどのくらいあるかによって正直かなり差があると思います。
素直で真っ直ぐにチャレンジしていける方は、新卒社員でも3ヶ月〜半年で一人前に成長してくれています。

また、数字を追う会社ですので、数字に強い方は会社とマッチすると思います。

今後の会社の展望について教えてください。

現在会社は6期目で従業員は40名ほどになりました。売り上げも年々倍以上に成長し、ありがたいことにご依頼も増えています。その分仕事量も比例するので、当然従業員も増やしていかないといけません。今年中には10名増やして、50名くらいの組織にしたいですね。また業務の兼任が多く、一つのことに専念できない状況もあったので、専門部署の確立も力を入れようと考えています。
また上場を見据えているので、労務や法務など職場環境の整備にも力を入れていきます。

代表の石上をはじめ、経営陣が会社の課題に対しては真剣に考えてます。が課題だと感じたことがあれば一緒に策を考えてくれ、次々に新しい取り組みに着手することができていますし、今後も沢山のことに挑戦していきたいですね。

アドリムへのご応募をお考えの方は
こちらから応募してください。

応募エントリーフォーム